祖母の介護

祖母の介護を家族みんなで

私の祖母は1人暮らしをしていました。
仕事もしていて、仕事仲間と食事に行ったり旅行に行ったり、すごく元気な祖母でした。
そんな祖母が自宅でちょっとした段差につまづき、足の骨を骨折しました。
救急車で運ばれた祖母は、しばらく入院することになりました。

 

入院して同じ部屋には祖母と歳の近いお年寄りがたくさんいて、
仲良く話しでもしていると思っていたのですが、祖母はあまり多くを語らなかったようです。
毎日のように家族の誰かが祖母のお見舞いに行くようにしていたのですが、
どんどん落ち込んで行ってるように見えました。
そして両親が私の家で祖母が元気になるまで一緒に暮らそうと決断し、退院させました。

 

退院してから3カ月ほどは、今までのことが嘘のように明るくなって、
骨折のほうもリハビリのおかげで完治し、みんな喜んでいた矢先、
祖母が寝込んでしまったのです。
原因はわかりません。
いつもお世話になっているかかりつけのお医者さんに往診してもらいましたが、
病気は見つかりませんでした。
ただ祖母が生きる希望を無くしたようで・・・。

 

そしてあっという間に寝たきりになってしまったのです。
そこから介護が始まりました。

 

どんどん衰弱していく祖母。
往診には1日おきに来てもらい、点滴で栄養補給。
おむつ交換や、体を拭いたり、お茶を飲ませたり、家族の誰かが祖母の傍にいるようにし、
生きるという気力を持ってもらおうと必死になっていました。

 

しかし、どんどん衰弱し今はお茶を飲むことも話すこともなくなり、
ひたすら眠っています。

 

あんな元気な祖母がこういう状態になるとは夢にも思いませんでした。
けれど今家族一丸となって祖母の介護をしています。
お医者さんや、訪問看護の看護師さん、たくさんの方に支えられ助けられ毎日を過ごしています。
もう祖母は長くは生きられないでしょう。
けれど私は大好きな祖母の傍を離れられないし、最後まで傍にいて少しでも一緒の時間を過ごそうと思っています。